= 第79回の販売を開催致します =

先行販売 8月30日(木)21:00~8月31日(金)08:59
完売しましたので一般販売は中止とさせて頂きます。
お買い上げ、有難うございましたm(_ _)m

=====================

【商品を確保するタイミングが変わりました】

◎今まで :カートに入れた時点で商品確保
◎これから:注文を完了した時点で商品確保

カートに入れただけでは商品の確保は出来なくなります。
サーバーの運用が変わりましたのでご留意ください。

=====================

サンゴ辞典 2

07-1コモンサンゴ属

《生態ーコモンサンゴ属の世界へようこそ!》
以下、コモンサンゴ属の説明を共通で引用しています。

コモンサンゴ属はものすごい種類があって、変種も多いのですが、基本的に本家「コモンサンゴ」に準じた考え方・飼育方法なら問題無いと思います。それは本家「コモンサンゴ」よりも「なんとかコモンサンゴ」と呼ばれる種属の方が、若干要求が少ない傾向にあるからです。「なんとかコモンサンゴ」が、大抵が本家「コモンサンゴ」よりも幾分濁った礁池に生息しているせいかもしれません。また、本家「コモンサンゴ」は全体的にくすんだ色彩を持ちますが、「なんとかコモンサンゴ」と呼ばれるサンゴ種の中には、なかなか派手なものも多いようです。

群体の形状は、被覆状・塊状という単純なものから、準塊状・薄板状・樹枝状またはテーブル状まで変化に富みます。TVの海中映像ではミドリイシ属同様にコモンサンゴ属はレギュラー出演しています。代表的なのはデッカい茶色の渦巻き状お皿のアレです。「チヂミコモンサンゴ」や「ウスコモンサンゴ」と云います。
*以前はまとめて「チヂミウスコモンサンゴ」Montipora aequituberculata Bernard, 1897とされていましたが、現在は「チヂミコモンサンゴ」Montipora aequituberculata Bernard, 1897と「ウスコモンサンゴ」Montipora foliosa(Pallas, 1766)は別種とされています。

サンゴ個体そのものは1~3mm程度で一見、ハマサンゴにも見えるものが多いのですが、ここでハマサンゴとの簡単な見分け方をご紹介します。先ず、ポリプを萎ませて骨格の形が分かるようにします。すると本種はハマサンゴの様に莢(きょう)が網の目状にびっしり並びませんのですぐ区別出来るという訳です。

流通では本属を細かく分類せず「コモンサンゴ」と総称する事が多いようです。ミドリイシ属とは近縁で骨格がもろく壊れやすい反面、驚くべきスピードで回復・成長を遂げます。またコモンサンゴ属の飼育難易度は、ミドリイシ属と同等~やや敷居が低いイメージです。

ミドリイシ科のサンゴ飼育を初めてトライされる方には入門的サンゴですが多種多様な姿形と成長の早さで、そのままどっぷりとコモンワールドの深みにハマってしまう人も多いようです。飼い込みタイプの方向けですね。

比較的に毒性が低く他のサンゴを自ら攻撃する事は先ずなさそうなので、レイアウト上、例えばコモンサンゴ属同士が隣接しても、接触した部分以外はダメージを受けないといった具合です。自然界でも仲良く異種と同居している場合が多いようです。

食害する巻貝を紹介しておきます。日本国内では、ヒメシロレイシガイダマシ・シロレイシガイダマシ・クチベニレイシガイダマシ・ニセシロレイシガイダマシ・コシロレイシガイダマシの5種類が知られています。全てレイシガイ科シロレイシガイダマシ属に属する巻貝です。貝殻はアーモンド状で、殻高が40mmくらいまでです。

主にミドリイシ属・コモンサンゴ属・ハナヤサイサンゴ属・ハマサンゴ属を好んで食べます。更にその食べ方は・・・吻(フン)から消化液をサンゴに吐きかけ、歯舌(細かい歯が並んだおろし金状になっているらしい)で、軟組織の肉質部を掻き取るようにして食べる…お、恐ろしい~!!もし、見つけたらすぐに取り除いてあげてください。

《飼育》
◎水質
ミドリイシ属よりは若干許容範囲が広いイメージですが、硝酸塩濃度のコントロール・KHの維持は必要かと思います。ミネラル消費も早そうです。
◎照明
やや強い光を要求しますが、生息地によっては中程度の光を好む場合もありますので、様子を見ながらの配置移動がお勧めです。
◎水流
一定方向でなく、ランダムな水流を好むようです。レイアウトで工夫されるか、水流ポンプ2台あった方が無難な気がします。
◎給餌
自然界ではプランクトンを捕食しているようですが、エネルギー消費の大部分を褐虫藻と海水に含まれる微量元素(ミネラル)に依存しているようです。なるべく天然海水の利用をオススメしますが、他の生き物のおこぼれでも良いかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《学名》Montipora informis Bernard,1897
    モンティーポラ・インフォルミッス・バーナード,1897

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>コモンサンゴ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《莢径》約0.5mm

《生息場所》礁池内・水深2~5m

群体は岩盤や風化サンゴを被覆するもの、塊状になるもの、或いは柱状に突出部を持つもの、薄い板状に張り出しを持つものなど様々です。成長の早い時は周縁部の色彩が淡くなる事が多いです。

《特徴》
全体の形状は被覆状から塊状になります。表面に非常に小さなトゲが生えていて、一見小さなイボ?に見える事もありますが、このトゲは莢と莢の間の共肉部とで、高さ・太さともほぼ同じです。よく似たシモコモンサンゴは莢の周りのトゲが共肉部のトゲより高く・太いので区別出来ます。

群体の表面は多くの凹凸があり、サンゴ個体は小形で共肉に沈みます。共骨は多数のトゲによって密に覆われていて、表面はザラザラした感じがします。生きているノリコモンサンゴではこのトゲの先端部の色彩が淡くなり、白や黄色の点々が認められる事もあります。画像のノリコモンサンゴはポリプと共肉で別色・トゲは若干黄色みを帯びた配色です。

本家コモンサンゴを除いた「なんとかコモンサンゴ」と呼ばれるコモンサンゴ属の中で本種は、比較的清浄な水を好み、自然界では障害物が少なく水通しの良い場所に生息している事が殆どです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《学名》 Montipora hispida (Dana,1846)
    モンティーポラ・イスピダ (ダナ,1846)

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>コモンサンゴ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《柱径》15~30mm
《生息場所》礁池内~リーフ外縁・水深2~10m


《特徴》
群体形は著しく変化に富んでおり、準塊状・横に広く張り出した水平な板状・或いは柱状や指状の突起を持つものなど、様々な形状を示します。またこれらの形状をいくつか複合した形の群体も見られます。だから小種名が「hispida=ラフな」なのでしょうか。サンゴ個体は小型で莢(きょう)は凡そΦ1mm弱で、隔壁(かくへき)はトゲの列から成り、共骨(きょうこつ)に埋もれるものが多いのですが、中には低く突出するものもあります。


表面には小さなトゲが密生し、遠くから見ると平らな様にも見えます。ノリコモンサンゴも似たような群体を作りますが、本種の方がトゲはずっと長く、表面は遥かにトゲトゲして見えますので区別がつきます。但し、指状突起の先端部分には無い事もあり、その場合はスムースに見えます。様々な環境に棲みますが、比較的に波当たりの静かな礁池や湾内のやや濁りのある場所に好んで棲息する傾向にあります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《学名》Montipora mollis Bernard,1897   
    モンティーポラ・モーリッス・バーナード,1897
《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>コモンサンゴ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《莢径》約0.5mm
《生息場所》礁池の浅所・水深2~5m

サボテンコモンサンゴはじめ、「なんとかコモンサンゴ」と呼ばれる他のコモンサンゴ属とは一線を画して、表面に小さなトゲを全く持たない本種は、画像のように探せば色鮮やかなものもあり、多くのコモンファンを魅了します。

《特徴》
固着性の柱状・板状或いは岩盤を覆う不規則なこぶ状の盛り上がりを持つ被覆状盤状の群体で、こぶの径は5~10mm程度です。サンゴ個体は大方が共骨(きょうこつ)に埋まり、突出する事は稀だと云われています。

極たまに低いイボ状の突起が現れる群体もありますが、普通は表面にトゲが無く、平滑に見え、ハマサンゴに見間違う事もあります。ですが、莢(きょう)が網の目状にびっしり並びませんので区別は出来ます。また、小種名である「mollis」とは日本語で「ソフトな」という意味らしいですよ。

莢径は僅か0.5mm程度と小さいのですが、その割にはっきりとした蛍光色のポリプは2~3mmと大きく、この点でも他のコモンサンゴ属とは違い、一見ハマサンゴに似た印象を持ちます。

サンゴ個体は小さく、直径は0.5~0.7mmほどで、間隔は広く離れ、共骨に埋もれて莢壁(きょうへき)は区別出来ません。共同骨格は粗く、一様に海綿状。第一隔壁(かくへき)はよく発達し、内部へ突出した棘として伸びていますが、莢壁近くではプレート状になります。日中もポリプを咲かせ、色彩は主に褐色ですが稀に緑色や紫色を呈するものもあります。

本家コモンサンゴを除いた「なんとかコモンサンゴ」と呼ばれるグループの中では比較的清浄な水を好み、自然界では障害物が少なく水通しの良い場所に生息している事が殆どです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《学名》Montipora foveolata(Dana,1846)    
    モンティーポラ・フォヴェオラータ・ダナ,1897
《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>コモンサンゴ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《莢径(穴の径)》約1~2mm
《生息場所》潮通しの良い礁池の浅所

1113_1.gifモリスコモンサンゴ

《特徴》
固着性の厚い板状ないし準塊状の群体で、表面は細かく凹凸があって、サンゴ個体は2mm程度とコモンサンゴ属としては大きい方です。サンゴ個体の周りには、癒合(ゆごう)したこぶ状の突起が盛り上がり、2~4mmくらいのラッパ状に開いた凹みの中心に莢(きょう)があり、その直径は1mm程度です。莢は単独で、また数個偏って群体から突き出すものと、奥にひこんだままのものが入り混じり、群体の表面は独特のちぢみ模様を示し、他種と容易に区別出来ます。

okubomikomonsango.jpg
よく似た種属の区別は、画像の様に陸揚げし共肉を萎ませないと判断が困難です。

唯一、本家「コモンサンゴ」に似ますが、共骨(きょうこつ)はやや細かくわずかに装飾された針状の突起がある極めて特徴的な骨格をしていますのでこちらも区別出来ます。

1113_4.gifモリスコモンサンゴ

所が共肉(きょうにく)には棘やこぶ状突起がない為、水中ではスムースに見えます。日中でも青・緑色などのポリプを咲かせ、共肉の色彩はクリーム色・淡褐色・淡黄褐色・ピンク色など、実に変異に富み、一見ハマサンゴに見間違う事もあります。

1113_3.gifモリスコモンサンゴ

潮通しの良い礁池や礁斜面の上部に生息しますが、概してその数は多く無く、流通量も極めて稀に思います。産地については、主にフィジーやフィリピンで見られ、国内では八重山諸島や宮古島(沖縄県)の他、小笠原諸島(東京都)での生息が確認されているようです。

コメントする

名前

URL

コメント

即日発送のご案内

午前9時30分までに

 ・【代金引換】→ご注文完了
 ・【銀行振込】→着金完了
 ・【郵便振替】→着金完了
で、即日発送が可能です。
CURRENT MOON

カレンダー
  • 今日
  • 先行販売・一般販売
  • お届け可能日

◎「白・オレンジ色表示」の日はお届け出来ません。ご不便をお掛け致しますがご了承ください。

お支払い方法は3つ

ヤマト運輸ロゴ の代引き

のお振込

ゆうちょ銀行ロゴ の郵便振替



バナーダウンロード

いつもご利用有難うございます。
ブルラボWebページへの
バナーリンクを貼っても良い♪」
という方は是非とも宜しく
お願い致しますm(_ _)m

リンクバナーはこんな感じ↓
(大きさは120x120pxです)
    newblulab120x120.gif
以下のソースコードをコピぺして
ご自身のWebページ(HTML)に
追加してください。
<a href="https://www.bluechip-lab.com" target="_blank"><img src="https://www.bluechip-lab.com/pic-labo/newblulab120x120.gif"></a><A HREF="https://www.bluechip-lab.com/">
ご連絡などは特に不要ですが
公序良俗に反する様なサイトは
誠に勝手ながらご遠慮願います。

濾過器・添加剤の販売

姉妹店バニッシュ(VANISH)は
4月24日(火)09時〜 OPEN!

ライブラリー

kuroyagisan2.gif黒ヤギさんからの手紙

サンゴ辞典 1

サンゴ辞典 2

サンゴ辞典 3

ページトップへ