= 第83回の販売を開催致します =

先行販売 12月06日(木)21:00~12月07日(金)08:59
一般販売 12月07日(木)17:00~12月07日(金)23:59

=====================

【商品入れ替えの為、旧商品SALL】

◎添加剤:バニッシュ アクア 20%OFF
◎機材:チムニー&ドリッピー 20%OFF

=====================

サンゴ辞典 2

38アナキッカサンゴ属

《学名》Oxypora lacera (Verrill,1864)  
    オクシーポーラ・ラーチェラ (ベリル,1864)
《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>キクメイシ亜目>ウミバラ科>アナキッカサンゴ属

《サンゴ体の径》約8mm
《生息場所》礁池水道部やパッチリーフ・水深約3m


《特徴》
アナアキッカサンゴ属には3種が知られていますが、日本周辺の海域では、本種とトゲハナサンゴの2種が分布しているとされています。固着性の薄板状の群体で、葉っぱ状部は薄くて大きく広がる傾向にあります。莢(きょう)は円形または卵型で浅く、骨格の中に深く埋没する事はありません。隔壁(かくへき)は数が少なく、軸柱はあまり発達しません。薄い共骨(きょうこつ)には、新しく肋(ろく)が始まる場所に、それを挟むように穴が空きます。

本種は日中はポリプを伸ばさず、雄雌同体で放卵放精型です。サンゴ個体は群体の上部のみにあり、円形で莢壁(きょうへき)はありません。肋は莢を繋ぎながら群体の周縁部に放射状に走り、その口寄りの端あたりの共骨に穴が空きます。肋には棘があって、共肉(きょうにく)に覆われた状態でもよく判り、かなり不規則な感じの表面になる為、海中でキッカサンゴとの識別はやや難しいのですが、ポリプの口にスポット・カラーの入らない群体では、遠目にサンゴ体の存在が分かり辛く、サンゴ体のはっきり分かるキッカサンゴとは区別出来ます。尚、同属のトゲハナサンゴは肋の棘を欠くので区別出来ます。


《生態ーアナキッカサンゴの世界へようこそ!》
色彩は、淡褐色・緑褐色・明緑色が普通ですが、時には赤色など探せばなかなかカラー・バリエーションが豊富なサンゴ種でもあります。また、ポリプの口は共肉とは異なる鮮やかな別色になる事もしばしばあります。礁斜面の深みや、若干薄暗い場所に好んで着生するようです。フィリピン~台湾~沖縄~種子島辺りには多く生息するようですが、本州では少ないようです。

以下、近似種であるキッカサンゴ(キッカサンゴ属)の説明を引用します。

キッカサンゴは、ヒラキッカやアナキッカとか、ウスカミサンゴにトゲハナサンゴなど近似種がいくつかあるのですが、これらは全てウミバラ科で飼育方法が似ているせいか、ぜ~んぶまとめて「キッカサンゴ」の名で流通されている事が多いようです。色彩はグリーン・レッド系の他、褐色・緑褐色・黒褐色とバリエーション豊かで、ひときわ鮮やかな発色ベースです。ポリプもほんのりオレンジやピンクなどお色気?たっぷり残念ながら日中はあまり開いてくれないので見られる事は少ないようです。それでもベース自体、キレイな発色のものが多いので観賞用として充分な役割を果たしてくれます。

外見はウスコモンサンゴにも似ますがあちらはミドリイシ科コモンサンゴ属です。本種はウミバラ科だけあって飼育は比較的に容易とされています。丈夫で毒性はかなり強く(この辺りもウミバラと同じ)共肉が触れたハードコーラルを溶かしてしまうので注意が必要です。ところが何故かソフトコーラルは大丈夫なものが多く、この辺が不思議~なのですが・・・また、ウミバラみたいに攻撃触手を伸ばす事は稀なので、他のサンゴと「共肉同士がくっつかないように」という事だけ気をつければOK!と考えて良いと思います。


形状は均一ではありませんが、基本的に葉っぱ状の表一面だけですし、照明の強さも特に要求しませんので、レイアウトは意外と楽チンかもです。自然界では、礁斜面の深みやオーバーハングの下など、どっちかというと暗がりに生息している場合が多いです。

それから、非常に回復の早いサンゴとしても有名です。骨格は軽くて・もろいという難点がありますが、その分成長も早く小さな欠片からだって大きく育つのが特徴です。
例えば、周辺部が痛んでしまった場合・・・
放置するよりもむしろ思い切ってハサミで切ってしまった方が良いです。
但し、慎重に少しずつちょびちょび削ぎ取る様に切りましょう。
一週間もすれば「欠け」そのものの回復は先ですが、切り口などはほぼ目立たないくらい回復が早いです。

お魚との組み合わせですが、ハゼやハナダイなら問題なさそうですが、ヤッコ類はミドリイシ同様に要注意。個体差があると云われますが、どういうことなのかと申しますと、お魚にとればサンゴは「美味」らしく、一度味を占めたら最後、バリバリ食べられてしまいます。逆に一度も食した事なく、普段から充分に給餌しておれば食べる事はほぼありません。


《飼育》
◎水質
清浄に越した事はありませんが、デリケートになる必要もなさそうです。平べったいのでデトリタスには注意してください。放置するとそこから共肉が剥がれてきます。
◎照明
強い光は要求しないようです。どちらかというと他のサンゴの影とか、底面など照明器具と距離のある場所に配置した方が蛍光発色も維持出来るように感じます。イメージ的には「明るい場所の日陰」です。
◎水流
若干強めが好みな様にも思いますが、あまり「強すぎない水流」が「直接当たる」イメージですから、水流ポンプの利用をオススメ致します。
◎給餌
そんなに気を使わなくても良いようです。お手軽に済ませるなら液体フードを与えたりするも有りですが、天然海水を含んだ換水が有効的です。

コメントする

名前

URL

コメント

即日発送のご案内

午前9時30分までに

 ・【代金引換】→ご注文完了
 ・【銀行振込】→着金完了
 ・【郵便振替】→着金完了
で、即日発送が可能です。

カレンダー
  • 今日
  • 先行販売・一般販売
  • お届け可能日

◎「白・オレンジ色表示」の日はお届け出来ません。ご不便をお掛け致しますがご了承ください。

お支払い方法は3つ

ヤマト運輸ロゴ の代引き

のお振込

ゆうちょ銀行ロゴ の郵便振替



バナーダウンロード

いつもご利用有難うございます。
ブルラボWebページへの
バナーリンクを貼っても良い♪」
という方は是非とも宜しく
お願い致しますm(_ _)m

リンクバナーはこんな感じ↓
(大きさは120x120pxです)
    newblulab120x120.gif
以下のソースコードをコピぺして
ご自身のWebページ(HTML)に
追加してください。
<a href="https://www.bluechip-lab.com" target="_blank"><img src="https://www.bluechip-lab.com/pic-labo/newblulab120x120.gif"></a><A HREF="https://www.bluechip-lab.com/">
ご連絡などは特に不要ですが
公序良俗に反する様なサイトは
誠に勝手ながらご遠慮願います。

濾過器・添加剤の販売

姉妹店バニッシュ(VANISH)は
4月24日(火)09時〜 OPEN!

ライブラリー

kuroyagisan2.gif黒ヤギさんからの手紙

サンゴ辞典 1

サンゴ辞典 2

サンゴ辞典 3

ページトップへ