= 第79回の販売を開催致します =

先行販売 8月30日(木)21:00~8月31日(金)08:59
完売しましたので一般販売は中止とさせて頂きます。
お買い上げ、有難うございましたm(_ _)m

=====================

【商品を確保するタイミングが変わりました】

◎今まで :カートに入れた時点で商品確保
◎これから:注文を完了した時点で商品確保

カートに入れただけでは商品の確保は出来なくなります。
サーバーの運用が変わりましたのでご留意ください。

=====================

サンゴ辞典 2

09-1ミドリイシ属


《生態ーミドリイシ属の世界へようこそ!》
以下、ミドリイシ属の説明を共通で引用しています。

サンゴの王道ミドリイシは枝状又はテーブル状の群体で、色彩も形も多種多様な上に種類が多いのですが、飼育方法が共通している事や学術的には細かく分類されている割には似ている形のものが多い事やハイブリッドも多く存在する事から、流通市場の上ではあまり細かく分類せずに全てまとめて「ミドリイシ」と総称される事が殆どです。

しかし厳密には、「ミドリイシ」いう和名のミドリイシは事実上存在しません。なのでサンゴ辞典ではなるべく分類学上、区別出来るものは全て分けて表示して行きたいと思います(但し、以下の説明ではミドリイシはトゲミドリイシ属及びミドリイシ属を指すものとします)

全体的にポリプは短く小さいのが特徴で「いかにもサンゴらしいサンゴ」というナリをしています。元来とてもポピュラーな本種ですが、自然界でのサンゴ総量の多さとはウラハラに飼育難易度が高いと言われ、事実として販売店ですら設備投資減価償却や維持管理が難しい上での保険代を含めた販売価格になる為、高価なサンゴ種ではあります。

飼育難易度が高いと言われますが、必ずしもそうとは言い切れません。何故なら、小さな破片からでも全体を再生する能力を持っている、ある意味とても丈夫で強いサンゴなのです。

ある程度の設備とそれなりの知識があれば、増やしたり好みのカラーに色揚げする事も難しくはありません。サンゴ辞典的主観ですが、長期飼育はハナガササンゴの方がよほど難しい様に思います。

ちょうど良い比較なのでミドリイシ属とハナガササンゴ属の飼育難易度特徴を列挙します。

◎ハナガササンゴ属
(1)飼育環境は各群体で様々な上、気に入るレンジ(許容範囲)は狭い。
(2)レンジはシビアだけど、気に入らない環境でも耐久性は半年くらいなら大丈夫。
◎ミドリイシ属
(1)飼育環境は各群体で様々。気に入るレンジは広め。
(2)レンジは広めだが、それを少しでも超えると耐久性は無く、すぐに調子を崩して死滅。

ハナガササンゴは個々によっても要求がマチマチでその上うるさく、「まぁいっか」とは、なかなか言ってくれませんが、体内にたっぷりエネルギーを貯め込んでいるので、ある程度の一定期間、耐えてはくれるアリさんイメージ。

対してミドリイシは同じく個々によって要求は色々うるさいのです。「まぁいっか」の範囲はハナガササンゴよりも意外と広いのです。が1ミクロンでも許容範囲を超えてしまうと耐える事をやめてしまい死滅してしまうキリギリスさんイメージ。

これはそれぞれの成長の早さを比較すると納得なのですが、ハナガササンゴを手で持ち上げるとズッシリと重いですよね。これは骨密度が高いせいなのですが
ハナガササンゴはなかなか成長しません。その分丈夫で・ものスゴイ骨太?なコなんです。

対してミドリイシはどうでしょう。ミドリイシは軽く、骨格がもろいのですぐに折れてしまいます。その代わり成長はタケノコの如く早い。だから骨密度は至って低いのは当然なのです。

エネルギーは貯蓄せず、今日生きる(増やす)事だけに生きるのがミドリイシ。
生物の「生きる目的」は種の保存・子孫繁栄な訳ですが、ミドリイシは防御や耐久力よりも成長(増殖)を特化させる事を選んだサンゴ種と云えるかもしれません。

このように(全てに当てはまる訳ではありませんが)サンゴという生き物は
◎骨密度の高い種=防御や耐久性のあるタイプ
◎骨密度が低い種=防御・耐久性はない(弱い)が成長は早いタイプ
に概ね大別出来ます。

この(弱い)を「デリケート」と呼び勘違いが生じるんだと思います。だって、ミドリイシは全然「デリケート」(神経質)なんかじゃありません。自然界では他のサンゴ種に比べて少々の食害や災害があってもへっちゃらなのです。それ以上に成長が早くワサワサ伸びる「アグレッシブなサンゴ」だと云えます。

食害する巻貝を紹介しておきます。日本国内では、ヒメシロレイシガイダマシ・シロレイシガイダマシ・クチベニレイシガイダマシ・ニセシロレイシガイダマシ・コシロレイシガイダマシの5種類が知られています。全てレイシガイ科シロレイシガイダマシ属に属する巻貝です。貝殻はアーモンド状で、殻高が40mmくらいまでです。

主にミドリイシ属・コモンサンゴ属・ハナヤサイサンゴ属・ハマサンゴ属を好んで食べます。更にその食べ方は・・・吻(フン)から消化液をサンゴに吐きかけ、歯舌(細かい歯が並んだおろし金状になっているらしい)で、軟組織の肉質部を掻き取るようにして食べる…お、恐ろしい~!!もし、見つけたらすぐに取り除いてあげてください。

《飼育》
◎水質
清浄な水に越した事はありません。プロテインスキマーやカルシウムリアクターを設備される事をお勧め致します。ミネラル消費も高めです。また水温は気持ち低めの方が維持し易いように感じます。水温調整・・・サンゴ辞典の飼育水槽は年中、室温管理(ルームエアコンとサーキュレーター)のみです。大きな水槽もあるので、専用のクーラーやヒーター設備よりイニシャル・ランニングともコスパ良しです。
◎照明
エネルギーの大部分を褐虫藻(光合成)に依存しています。太陽光に近い波長と考慮するならメタハラが望ましい、という事になります。メタハラを使用する場合の注意点として巷で理想とされるよりも・・・サンゴ辞典の飼育水槽では、光量は控えめ!Ex.W900mmの水槽でしたら器具のタイプにもよりますが反射板付きメタハラ150w X 1灯でも充分です。また水面〜ランプの発光面は600mm前後は離して設置。この部屋は南向きで大きな掃き出し窓とトップライト(天井にFIX窓)がついている事もあり、1日の点灯時間は4〜6時間までです。照明に限ってはむしろ、たったこれだけで色維持出来ています。光量が多かったり・強いと褐色に色変化します。どうしても多くしたり強くする必要があるなら、水流を強くして生体の表面温度を下げる必要性が生じます。たくさん実験して現時点ではここに落ち着きましたので、ご参考になさってください。
◎水流
ポリプがなびく程度の水流ポンプが複数台、出来ればコントローラーでランダムな水流を作ってあげるのが理想です。
◎給餌
自然界ではプランクトンを捕食します。可能でしたら冷凍プランクトン類を1週間に1度程度給餌。又は天然海水での換水がお勧めです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《和名》 ムギノホミドリイシ
《学名》Acropora cerealis (Dana,1846)
    アクローポラ・チェレアーリス (ダナ,1846)

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>ミドリイシ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《枝径》6~10mm
《生息場所》礁池内及びリーフ外縁・水深3~5m


《特徴》
波当たりの強いリーフ外縁ではドーム状になりますが波の静かな礁池内では枝が長くくさむら状に立ち上がり、頭頂体もよく突出します。

全体の形状は生息地に影響され様々で、本種はドーム状になる時はハナガサミドリイシに似る事もありますが、枝が細く(鉛筆の太さかそれより細い)なる事と側サンゴ体がより離れているので共肉部が目立つ事によって区別出来ます
(ドーム状になるミドリイシグループの中では最も枝が細くなります)。

ムギノホミドリイシ画像1

波当たりの強いリーフ外縁ではドーム状ですが、波の静かな礁池では枝が長くなり・くさむら状に立ち上がり、頭頂体(とうちょうたい)もよく突出します。例えば画像のムギノホミドリイシは形状から推測するに、どちらかというと穏やかな場所に生息していたものと思われます。

このように形状をよく観察して元居た環境をイメージし、水槽に配置する際には近しい環境を作ってあげるーこれがレイアウトの基本です。


1985年頃までは「コシバミドリイシ」とされていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《和名》 オヤユビミドリイシ
《学名》Acropora gemmifera (Brook,1892)
     アクローポラ・ジンミフェーラ (ブルック,1892

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>ミドリイシ属


《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《枝径》15~20mm
《生息場所》リーフ内縁 水道部・水深0~5m

オヤユビミドリイシ画像0
形状から画像のオヤユビミドリイシは波当たりの荒い場所に生息していたと推測されます。イバラカンザシ2花が共生中です。

《特徴》
波の荒い所に生息地するものは枝が円錐形で短いのですが、やや波当たりの少ない場所になりますと枝は長くなります。全体の形状は、群体の典型的な被覆型(波の荒い場所)から固着中心部又は片方の側面にだけある円盤状・テーブル状(波当たりの少ない場所)になっていきます。

よく似たサンゴ種との比較として…

[側生サンゴ体]
側生サンゴ体は2種ある→ツツユビミドリイシと同じ。
側生サンゴ体は菊の花状→コユビミドリイシはササクレ状。
枝の基部付近の側生サンゴ体は管状で大きめ→ツツユビミドリイシと同じ。

[頭頂体]
側生サンゴ体に比べるとかなり大きい→ツツユビミドリイシの方がもっと大きい。

[枝の形状]
あまり分岐せず太くて短い円錐形→ツツユビミドリイシは先端がわずかに先細りするだけで基部~先端手前までは太さに大きな差は無い。

以上で、区別は可能かと思います。


列を成して並んでいる側生ポリプが大きい事と、枝の基部にゆくに連れて突出傾向にある事などから、よく似るサンカクミドリイシとは区別出来ます。

オヤユビミドリイシの特徴であるフサフサした触手が魅力なのですが、飼育水槽ではどうしてもこの毛深い?触手にデトリタスが溜まってしまう傾向にあり、これが美しい状態を困難にする原因でもあります。

では実際の自然界ではどんなケアが営まれているのでしょうか。それを知ってか知らずか、彼らは潮通しが良く、時にイレギュラーな方向や大小の水流(波)が来る場所に好んで生息しており、解消されている訳です。

これは潮汐の他、岩盤のあちこちに波が当たってこそ成せる自然の技で、小さなスペースの水槽では、なかなかこういった環境を人工的に作り出すのは難しいものです。

水流ポンプのコントローラー設備やレイアウトのポイントは大前提の話しとして、ここはひとつアナログ的に解決してみましょう。水槽お手入れの際、長めのスポイドで優しく水流を吹きかけてデトリタスが溜まらないようにしてあげて下さい。「えっ?たったそれだけ??」って声が聞こえてきそうですが、ハイ 。たったこれだけです。経験値や高価な機材導入の前に、僅かな手間で今までよりもグンと長期飼育がラクになりますよ。

そしてもう一つ重要な事、これはどんなサンゴにも当てはまる事ですが、[生息地の環境]をイメージして再現するようなレイアウトを心掛けるという事だと思います。


色彩は緑・黄褐色・赤褐色など様々で、枝の先端は淡色になる事が多く、大きな頂端ポリプが特徴です。「フトユビミドリイシ」は異名です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《和名》マルヅツハナガサミドリイシ
《学名》Acropora loripes (Brook,1892)
    アクローポラ・ロリーペス (ブルック,1892)

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>ミドリイシ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《枝径》約5~20mm
《生息場所》パッチリーフの外縁・水深2~6m

本種はミドリイシ属の中でも飼育環境に於いて、「待った無し」で★になる(急速に調子を崩して衰える)という事は、あまりないように思います。最近、顔色悪いなぁ・・・と気付いてから手当てしてもぜんぜん遅くない、融通の利く?サンゴ種です。画像のものはまだ若い群体。

《特徴》
群体は小型で、散房花(コリンボース)。各小枝は太く球体になり、そこから伸びる頂端ポリプは、よく突出し丸みを帯びています。球形または樽型になっているものも多く見られ、様々に混在することが多いようです。緯度の高い場所では球形・樽型の割合は減少し、単に丸みを帯びた頂端ポリプが多くなります。側生ポリプも丸みを帯びますが欠く事もあり混在しているのが普通です。棲息域は、四国以南ですがサンゴ礁域では稀のようです。

若い群体は全体的には緑色群体が多く、成長に連れあちらこちらで黄色みを帯びたり橙色に配色されたりしますが、被覆部は褐色又は緑褐色が普通です。

近年、「アクロポーラ・ロリペス」(和名 マルヅツハナガサミドリイシ)という同学・和名のサンゴ種が多く販売され、外国の深場に生息(サンゴ辞典ストアのものは浅場に棲息)するらしいのですが、販売店によって形状にも著しい差異があり、特定出来ませんでした・・・パッと見、同種とは思えないのですが、知識不足ですみません。。また海外のサイトなども調べて、分かり次第追記します。

尚、「フィールド図鑑 造礁サンゴ」(1991年8月増補版)P.246「マルツツハナガサミドリイシ」Acropora loripes (Brook)の写真のものが、サンゴ辞典のものと同種なんだと、こちらは確認出来ました。

被覆部の割合が大きく莢(きょう)が突出するようになると、房状の短い小枝のが発達します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《和名》  ハナガサミドリイシ
《学名》Acropora nasuta (Dana,1846)
    アクローポラ・ナスータ (ダナ,1846)

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>ミドリイシ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《枝径》6~15mm
《生息場所》礁池内及びリーフ外縁・水深1~5m


《特徴》
色彩は淡褐色または黄褐色が普通で、頂端(ちょうたん)ポリプが発達している所もあり、枝の先端部が白っぽく(或いは淡い色)なる事が多い為、尚一層大きく見える事もあります。側生ポリプは互いに整然と並んでいるイメージです。

時折、枝の先端部がピンク〜青色になる事もある為か、ルピナスミドリイシと同種とされていた時代(1993年くらいまで)もあったようです。

全体の形状は、枝の長いドーム状(水深の浅い所)〜枝が細く繊細な感じのくさむら状(水深のやや深い所や礁池内)の小群体になります。側サンゴ体は幅が広く、また幅より高さが一層大きくなる為、側方に非常に突出し、真上から見るとうさぎの耳のような形に見え、莢(きょう)も縦に細長く見えるのが特徴です。


ムギノホミドリイシに似る事もありますが、全体的に枝が太く、側サンゴ体同士がムギノホミドリイシほど離れていないので、共肉部はそれほど目立たない事によって区別出来ます。

ツツハナガサミドリイシは本種の異名です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《和名》   コイボミドリイシ
《学名》Acropora austera (Dana,1846)
    アクローポラ・アウステーラ (ダナ,1846)

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>ミドリイシ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《枝径》8~25mm
《生息場所》リーフ外縁・水深5m前後

叢状(くさむらじょう)又は「筒状瓶の洗浄ブラシ」?状の枝状群体で、ミドリイシ属としては、しっかりとした強固な枝を持ちます。

《特徴》
リーフの外縁の比較的波の荒い所に見られる種です。よく見える広い被覆部から、あまり高くない太い枝をを伸ばします。枝の形はかなり不規則で、側サンゴ体は丸く、枝の表面にビーズ玉をくまなく糊付けした様に見えます。枝は低いと樹状分岐風に見えますが、高く伸びると叉状分岐風にも見えますし、枝はかなり太くにもなります。


色彩は褐色・暗紫褐色が普通ですが、画像の様に鮮やかな緑色を持つものもあります。枝の先端部は色彩が淡く(白っぽく)なります。頂端ポリプは大きく、側生ポリプも肉厚で丸く、枝の周りにやや不規則に並んでいて、枝の先端部の頂端ポリプ直下の部分を除いては管状に幾分突出します。この為、枝の表面はかなり不規則な感じを受けます。日中はポリプを咲かせない場合もあります。


コイボミドリイシ画像1

色々な場所に生息しますが、礁斜面の深みでは、よく発達した直径数メートルに及ぶ群衆が見られる事もあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《和名》    イボユビミドリイシ
《学名》Acropora lutkeni Crossland,1952
    アクローポラ・ルーテケィニー・クロスランド,1952

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目>ミドリイシ科>ミドリイシ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《枝径》10~15mm
《生息場所》リーフ外縁・水深1~25m前後

iboyubimidoriishi_1画像

《特徴》
普通はくさむら状の群体ですが、波当りの強いリーフ外縁の浅い場所では枝が短くなります。逆に、波当りが弱く深い場所のものは、枝が細く且つ長く成長します。


側サンゴ体に円筒状或いはササクレ状のものが多いので、枝がゴツゴツして見えるのが特徴です。タマユビミドリイシに似ますが同種の側サンゴ体はウロコ状に寝ますので区別出来ます。


最も似るコユビミドリイシは水深0~2mに棲息している事・同種の枝先がイボユビミドリイシのような花弁状にならず先窄みする事で判断出来ます。


コメントする

名前

URL

コメント

即日発送のご案内

午前9時30分までに

 ・【代金引換】→ご注文完了
 ・【銀行振込】→着金完了
 ・【郵便振替】→着金完了
で、即日発送が可能です。
CURRENT MOON

カレンダー
  • 今日
  • 先行販売・一般販売
  • お届け可能日

◎「白・オレンジ色表示」の日はお届け出来ません。ご不便をお掛け致しますがご了承ください。

お支払い方法は3つ

ヤマト運輸ロゴ の代引き

のお振込

ゆうちょ銀行ロゴ の郵便振替



バナーダウンロード

いつもご利用有難うございます。
ブルラボWebページへの
バナーリンクを貼っても良い♪」
という方は是非とも宜しく
お願い致しますm(_ _)m

リンクバナーはこんな感じ↓
(大きさは120x120pxです)
    newblulab120x120.gif
以下のソースコードをコピぺして
ご自身のWebページ(HTML)に
追加してください。
<a href="https://www.bluechip-lab.com" target="_blank"><img src="https://www.bluechip-lab.com/pic-labo/newblulab120x120.gif"></a><A HREF="https://www.bluechip-lab.com/">
ご連絡などは特に不要ですが
公序良俗に反する様なサイトは
誠に勝手ながらご遠慮願います。

濾過器・添加剤の販売

姉妹店バニッシュ(VANISH)は
4月24日(火)09時〜 OPEN!

ライブラリー

kuroyagisan2.gif黒ヤギさんからの手紙

サンゴ辞典 1

サンゴ辞典 2

サンゴ辞典 3

ページトップへ